理想の注文住宅を筑後市で建てるための完全ガイド

HOME » 注文住宅会社を選ぶときのキホン » 注文住宅でよくあるトラブル

注文住宅でよくあるトラブル

注文住宅でよくあるトラブル事情についてご紹介します。

気を付けておきたい注文住宅のトラブルは?

多くの方は人生において何度も注文住宅を建てるわけではありませんよね。そのため、業者とのやりとりがうまくいかず、トラブルにつながってしまう場合もあるようです。 例えば、次のようなトラブルに見舞われてしまった方もいるようです。

契約や説明に関するトラブル

よくあるトラブルが「言った!」「いや、聞いてない!」といったトラブルです。 例えば、こちらが口頭で何か注文を付けて業者が了承したものの、実際にできあがった家を見てみるとお願いしていたことが全く反映されていない。どういうことなのかと問いつめたものの、「そんな話は聞いていないし契約書にも記載されていない」と言われてしまえば終わりです。

本体に、工事完了後に謎の追加費用がかかってしまい、業者に確認したところ「口頭で説明をした際にOKをもらいましたが?」などと言われてしまう可能性もあります。 注文住宅を建てる際に何か取り決めをするのであれば必ず文章に起こしておきましょう。

仕上がりに関するトラブル

担当してくれる職人さんの腕が悪かったり、雑だったりすると満足いく仕上がりにならないことがあります。例えば、壁紙がよれている、作業中に付けたと思われる汚れや傷があるなど。事前によく評判を確認し、信頼できるところにお願いしましょう。

工期の遅れに関するトラブル

天候などの問題で工期が大幅に遅れてしまうトラブルもあります。基礎を作る際に雨が続いてしまうと乾燥せず、なかなか着手できないこともあるのです。 両社の手違いなどが原因で起こるトラブルもありますが、このあたりは評判の良い業者にお願いすることが重要になってきます。

できあがった家が理想と違う

もともとの設計通りに建ててもらえなかった…といったトラブルもあります。実は、100%設計通りに建てられるわけではなく、途中で変更が発生するケースは珍しくないのです。 例えば、引き戸の向きが希望と違う、予定していたより窓ガラスが小さいなど。このような変更があった場合、必ず連絡してくれる業者を選びたいですね。

トラブルを回避するには?

注文住宅でよくあるトラブルを回避するためには、慎重に慎重を重ねることが重要です。わからないことがあったらわかるまで説明してもらう、何か変更があったら必ず書類で提出してもらうなど。 何より重要なのは信頼できる業者を選ぶことです。評判の悪い業者にお願いしてもトラブルを回避するのは難しいので、業者選びに注意してみましょう。