理想の注文住宅を筑後市で建てるための完全ガイド

HOME » 注文住宅会社を選ぶときのキホン » 見学会・モデルハウスに足を運ぶべし

見学会・モデルハウスに足を運ぶべし

家を建てるための見学会やモデルハウスでのチェックポイントについてまとめてみました。

押さえておきたいモデルハウス・見学会の家のチェックポイント

理想の家づくりをするためには、会社が主催しているモデルハウスや見学会はぜひ足を運んでください!

モデルハウスでのチェックポイント

モデルハウスは、住宅会社の一番の自信作を集めたと言っても過言ではありません。

ココで見るべきものは住宅会社の最新の設備や仕様・デザイン。特にデザインは、施主の意向が入らない、住宅会社の意向だけでつくられているものですので、その住宅会社の得意分野が発揮されていると考えて良いでしょう

モデルハウスがプロヴァンス風なら南欧系が得意。和モダン系なら和風建築が得意であると想像ができます。

また、プランや造作なども、使い勝手や導線を考えてつくられているかどうかを見てみましょう。

「誰からの制約もない」からこそ、より厳しい目で見る必要があるのです。

完成見学会でのチェックポイント

完成見学会は、施主の意向をどのように反映でいる力があるのかを見る絶好の機会です。

実際の敷地は、変形地や旗竿地など、制約が多かったり、周りの建物や木などで光が遮られていたりもします。こうしたデメリットを以下にうまく解消しているかも、設計者や施工者の力をみるポイントとなります。

こうした制約を知るためにも、できれば施主と直接話す機会があれば良いでしょう。

実際の担当者の対応や当初の見積もりと最終見積もりとがどのくらい違ったか、など、できるだけリアルな話を聞くことで、自分の家のイメージづくりにも役立つはずです。

モデルハウス、完成見学会はそれぞれに見るべきポイントがたくさんあるものです。

できるだけ多く足を運び、検討の材料を増やすことが、良い家づくりに重要となるのです。