理想の注文住宅を筑後市で建てるための完全ガイド

HOME » 注文住宅会社を選ぶときのキホン » 業者を選ぶ3つのポイント

業者を選ぶ3つのポイント

家づくりをするうえで重要なパートナー注文住宅会社の選び方についてくわしく紹介しています。

理想の家を手がけてくれる注文住宅会社の選び方

自分たちの、理想の家づくりを実現するためのパートナーともいうべき注文住宅メーカーを選ぶときのポイントをいくつかのチェックポイントに分けて紹介していきたいと思います。

ぜひ、参考にしてみてくださいね。

Check1:プランや仕様に満足ができている?

注文住宅の魅力は、なんといっても、プラン(間取り)が自由にできること。プランに満足がいかなければ、割高な注文住宅にする必要がない、と言っても過言ではありません。

特に、昔ながらの建築家の中には、「コレが流行だから」「これが人気だから」と自分の考えを押し付けてくる人もいます。

説得させられたプランや間取りではなく、納得のいくものなるよう、何回でも検討しましょう。

業者を見極めるポイントとしては、ヒアリングの時にきちんとこちらの話を聞いてくれる人。途中で遮ったり「結局こういうことですよね」と、性急に話をまとめるタイプは要注意です。

Check2:納得のいく金額か?

多くの場合、家は一生に一度の大きな買い物ですから、納得のいく金額を払いたいものです。

特に注文住宅は仕入れ値が不透明になりやすく、わからないままに他社よりも貧相な素材を割高で買ってしまうことがおきやすいものです。

それを防ぐ為にも、見積もりを取る前でもいいので、多くの展示場に足を運び、建材に対するある程度の知識を得ておきましょう。

業者を見極めるポイントとしては、見積もりの項目が一つ一つしっかりしていること。○○一式、などという、いわゆる「まるめた金額」だと、理不尽な値上げに気づきにくくなってしまいます。

Check3:工期の長さは適当?

工期の長さも重要なポイントです。

あまり早くても基礎などに対する心配が生じますが、あまりに長いとその分の賃貸料がかさみ、せっかく家づくりで節約しても意味がなくなってしまいます。

小さな工務店は、職人の数が少なく「やりくりできないから」などとむやみに工期がのびる場合があります。

工程表をしっかりつくって管理してくれる業者を選びましょう

失敗しない業者選びのチェックポイント

チェック業者選びは夫婦など二人以上で行う

チェック当初の家づくりの目標とずれていないか確認する

チェック契約前に図面、見積書を納得のいくまで検討する

チェック各担当者(営業、設計、現場監督、施工業者)と必ず会う

チェック業者の施工現場を必ずみる

チェック複数の業者から選ぶ時には各社比較表をつくり、検討する

チェック契約前に契約書、約款は必ずしっかりと読み込む

チェック工事中の第三者検査を認めるか否かを確認する